あがってしまう理由を考え続けることが「あがり症」の対策

自分に合う方法を試行錯誤の上で見つけることが「あがり症」の対処法で、「これだ!」という方法は残念ながらないのではないかと思っています。

「あがり症」は専門家による判別も意見が分かれて色々な呼び名があるようですが、当人にとっては何の病名がつこうが「明日から出ないように治したい」という問題ではないかと思います。

そのような症状を持つ方はネットなどで「治りました!」といわれている、色々な克服方法を試されてはガッカリしたことがあるのではないでしょうか。

他人の方法を用いても、頭が真っ白になって上手く対処できずに終わったことが多かったのではないかと思います。

そういった対処法の多くは「今の自分よりは少しはましな状態でできる方法」だったのではないかと思っています。

自分のあがり症の原因は「今の自分にできる以上の対応をしようとする」からだったのではないかと思っています。

「ある日無くなるあがり症」は無く、「一生あるものだ」と思うことがまず一歩目だったのではないかと思います。

「なぜあがってしまうのだろう」と自分なりの理由を考えて、原因を探っていくことが解決の方法ではないでしょうか。

そうした視点で人の行なっている対策を見ると参考にできるかと思います。

私もそうですがあがり症の方は自分に自身が無い方が多いのではないでしょうか。

「こうすればよかった」という後悔で、ますます自己嫌悪におちいって次の場面への自信を更に喪失させてしまいます。

全く対処できていないような状況からでも、自分で考えた方法で一歩ずつ行なっていくのが次への自信を少しでも生み出す唯一の方法ではないかと思います。

あがり症の対処法はそれぞれの悩みや理由によるもので一概には言えないので、上記は自分の場合のみに当てはまる方法です。

人によっては薬やサプリメントを飲むことやアロマテラピーを用いるなど、その他の方法が一番効くという方もいると思います。

(大阪府 ハンドルネーム:komedaさん)

あがり症の薬




Comments are closed

Ringbinder theme by Themocracy